太陽光発電所の点検業務

ドローンによるモジュール故障の発見について

ドローンでサーモグラフィカメラによりモジュールのホットスポットを発見して、モジュール自体の故障の原因となるクラスター断線、サーモスタット故障、断線等を 発見及び点検の実施を行います。モジュール1枚の故障が1ストリングスの発電量に大きな 影響を及ぼし大きな損害になります。

※使用ドローン:DJI MAVIC2
※ドローンパイロットは、JUIDAの免許取得者です。

※サーモグラフィカメラによるホットスポット検出

ドローンによる計測

  • 部分的な高温発熱の確認
    セルクラック、汚れ、影、ジャンクションボックスの異常等の発見
  • クラスターの異常の確認
    インターコネクター断線、ハンダ不良、バイパスダイオードショート等の確認
  • モジュール全体が高温
    ガラス割れ、バックシート異常の確認
  • ストリング全体が高温
    コネクター損傷、ケーブル損傷、接続箱開放の確認

参考価格

  • ドローン赤外線カメラによるホットスポットの撮影
    50Kw:5万円~
  • ドローン赤外線カメラによるホットスポットの撮影
    1MW:20万円
  • ドローンによるPVホットスポット発見の報告書作成
    1通:1.5万円
  • クラスター断線PVの特定その他
    (ソラメンテ、I-V測定器使用、絶縁抵抗器)

    1個所:1万円~
一覧に戻る